49

 

2015.9.8

 

9月8日は父の49日でした。
18日に納骨も終わりました。

パパの骨を抱きしめ心の中は涙涙でした。

納骨もまた悲しいけど早く土に変えるように先客が居る中、
少しでも土に近い所にそっと置きました。

49日の間、全然父を感じなかった。
あたしとても感じるし見える方なんだけど
パパに関してはこの時しか何も感じなかったな。


納骨が終わり皆で立ち去った時に父を感じた。
うちのお墓は坂の下にあるんだけど帰りその坂の上からお墓を見た時に
お墓の側の盆栽がある所に父が脚を組み腰掛けまた来いよ。と言ってるように感じた。
ママにその話をするとえええええパパ居たの!?見えたの!?って言ってたw
いや、見えたとかじゃなくそう感じたって話だったんだけどママ1人で大騒ぎしてたw

ママってしっかりしてる所とかなり天然!?って思う部分があって
告別式の最後のお別れの時に皆でパパに手紙を書いたんだけど
ママはパパに車庫の荷物どうしたらいいかあの世から連絡下さいって書いてたw
最後の手紙なのに荷物!!笑

 

死んだ人はずるいな。
パパは私や家族に対して本当に酷い事や心無いような事もいっぱいして来たのに
病気になった5年で完全にいい人になりあたし達の心に沢山いい思い出を置いて行った。

なんか終わり良ければ全て良しじゃないけどそんな感じ。

病気の5年、癌なんて死んでしまえって何回も思ったし
奇跡が起きればいいって何度も思ったけど奇跡は起きず
でも1つだけよかったのが5年一緒に居られた事。

 

とっても愛してたよ~!
パパの娘に生まれてよかった。
心からありがとう。

 

My father #2
My father

Advertisements